フットサル 戦術用語 ❝あ行❞

アイソレーション(アクララード)

隔離や孤立といった意味
サイドの選手を戦術的に隔離させるために味方が離れて1V1の状況を戦略的に作り出す

アパリシオン

《 出現する 》という個人戦術
ファーサイドのポジション(セカンドポスト)から中に移動して
ゴール前に出現する動き
ファーサイドでマークに付かれた時に中に入ることでマークを外すことができる

アラ ALA

フットサルのポジション名
サイドの選手

ア ラ コルタ

アラコルタは個人戦術の中でも有名な戦術の1つ
《 ボールに寄る 》ということ
味方が出したパスに対して寄りながらパスを受ける動き
ボールに寄ることで相手DFよりも前でパスを受けることができる

イプシロン

Y字型のDF戦術
前線に2人、真ん中に1人、最後尾に1人でY字型の守備陣形
3列のゾーンDFになる

枝 D 理論

元フットサル選手の内田さんによる守備理論
ボールを奪うための専門的型がある

ウンドイス(ワンツー)

2人組の戦術(ユニット戦術)
パスを出してリターンをもらう壁パス

ウィークサイド

守備側の弱いサイド
数的不利の状況でパスを出されたら守備者がいないサイドを表す

エントレリネアス(ライン間)

相手の守備ライン(1列目と2列目)の間に侵入すること
相手の守備ラインを混乱させることができる

エイト

3-1システムで後方の3人がボールを保持するためのローテーション戦術

オルタナティブ

守備戦術の1つ
状況によってマンツーマンなのかゾーンなのかを選択する守備方式

オーバーロード

過負荷の意味
アイソレーションの反対で、ボール再度に選手が密集する
守備を集めて混乱させることができる